限定個別指導|未来志向型受験指導塾|みらい創研ゼミナール|個別指導,塾,桜新町,新町,弦巻,深沢,用賀,上用賀,駒沢,中町,上野毛,世田谷

合格を目指すのは当たり前 でも、それだけじゃ足りない つかみたいのは未来が輝く合格
合格を目指すのは当たり前 でも、それだけじゃ足りない つかみたいのは未来が輝く合格

みらい創研ゼミナールの特徴

POINT
1

授業ではなく
課題解決!

常に時間は
限られているんです!

みらい創研ゼミナールの授業は普通の塾の授業とは異なります。
短期で結果を出す“加圧トレーニングのようなもの”とお考えください。

トレーニング

とりあえず長い時間、なんとなく“授業の場に参加”することで満足していませんか?
それは時間とお金の無駄です!

「わかる」と「できる」は全然違う!

例えば野球に置き換えると、バットの振り方は知っているがヒットは打てない状態…です。

テスト

授業でわかっても実際のテストになると点が取れない…ということはよくあります。
わかった(理解した)あとに、できた(定着した)というところまで復習(訓練)をする必要があるということです。

それを実現するのが“加圧トレーニング”ならぬ、当塾の偏差値改革メソッドであり、それは授業というより生徒が抱える課題の解決です。

結論:一般的に“授業”と呼ばれる内容では、限られた時間で結果を出すのは困難。

無料相談・教室見学はこちら!

POINT
2

簡単には先に
進まない!

正解◯=理解している。
それは違います!

生徒に問題を解いてもらい、仮に全問正解だったとしても、それだけでは私たちは理解できたと解釈しません。
正解したうえで、“なぜその答えに行き着いたのか”を説明できて初めて理解をしていると認識し、次に進みます。

答案

その目的は論理的思考能力を育てると同時に、より“できる”に近づけることです。

理解には、“浅い”と“深い”がある!

ちょっとひねった問題が変わるとできない。
応用問題になるとできない。
これらは理解の浅さと論理的思考能力の不足です。

ひらめき

“わかる”ではなく“できる”に近い部分まで…
つまり、浅い理解ではなく、より深い理解で次に進まない限り、本番のテストでは正解にたどり着きません。

「〇〇の単元はわかったからもう大丈夫!」
私たちはこの言葉を信用しません。

結論:大人にとっての“わかる”の感覚は子どもの“できる”の感覚に等しい。

無料相談・教室見学はこちら!

POINT
3

すぐに答えを
教えない!

すぐに教えてもらえる
ことは“害”になる!

難問と向き合い正解を導き出すのは論理的思考と日々の鍛錬によるものです。
ところが、すぐに答えや解き方を教えてもらえると、自分で考え抜く習慣が損なわれる恐れがあります。
これは、“わかる”どころか“わかったつもり”で終わってしまうというものです。

答案

その目的は論理的思考能力を育てると同時に、より“できる”に近づけることです。

だから、すぐには答えを教えません!

個別指導は、すぐ隣に講師がいるため、極めて効率的かつスピーディーに授業を進めることができます。
しかし逆にここが課題になります。
すぐ隣にいるがゆえに簡単に教えることができてしまうのです。

個別指導

“だからこそ当塾ではすぐには答えを教えません。
生徒と一緒に問題と向き合い、生徒と一緒に考えながら問題を解いていきます。

結論:安易に答えを得ることは、なにも得ていないことに等しい。

無料相談・教室見学はこちら!

POINT
4

最終的には
自学自習!

人間は忘れる生き物。
しかもわりとすぐに!

人は驚くほどに忘れる生き物です。
エビングハウスの忘却曲線によると1時間後には56%を忘れるとされています。

忘却曲線

この事実をしっかりと認識したうえで復習という名の訓練が必要です。
しかも、効率的に!

だから、当塾には3つのルールがあります。
3つのルールのうちの一つだけをご紹介します。それは、授業のあと1時間以内に宿題に着手することです。

塾の授業を増やせば成績が上がるわけではない!

もちろん、時には授業を増やすことも必要になるかもしれません。
しかし、授業で得た“わかる”を実戦で使える“できる”にするには自学自習が不可欠です!

家庭学習

当塾はわからないところを教えるだけの塾ではありません。
家庭学習のやりかたや各科目に応じた勉強の仕方なども含め、自学自習という形での“自立”を支援します。

結論:誰かに教えてもらわなければ、何もできない人になってはいけない。

無料相談・教室見学はこちら!

POINT
0

完璧な環境
集中して学ぶ!

みんな同じ授業で
いいわけがない!

学習を進める中で、得意な科目と不得意な科目、理解できる部分とできない部分というのは一人ひとり異なってきます。

抱える課題は違うのに、みんなで同じ内容の授業を受け続けるということに対して、みなさんは疑問を抱きませんか?

忘却曲線

必要なのは“課題点を理解し、あなたを大切に見守りながらも集中的に鍛えてくれるコーチもしくはパートナー”のような存在ではないでしょうか?

集中力が最大限に高まる環境で
学ぼう!

指導してくれる人がコーチもしくはパートナーとして隣にいるという環境に加えて、学習する空間そのものも非常に重要です。

学習時間を増やしても本人の集中力が低ければ効果はあまり期待できないでしょう。
そこで我々が考えたのは“座ると自然に集中力が高まってくるような空間”を作ることです。

家庭学習

“集中力が高まる空間”としてデザイナーが設計した当塾の指導スペースや自習スペースは、すべて個室です。

決して塾だけの話ではありません!

学習環境を整えることは、なにも塾だけの話ではありません。

ご家庭においても集中力が高まる環境を作ることは非常に重要です。

家庭学習

当塾では“勉強部屋をどうすればよいのか?”ということについてもアドバイスをさせていただいております。
ぜひ、お気軽にご相談してみてはいかがでしょう?

結論:自分に合った、自分のための学習を、集中できる場所でやるべき。

無料相談・教室見学はこちら!
  • お知らせ
  • 小学3年生~6年生のコース
  • 中学1年生~3年生のコース
  • 高校1年生~3年生のコース
  • 学長からのメッセージ
  • 中学英才特進コース
  • 保護者の皆さまへ
  • 校舎・アクセス
  • みなさんの声
  • イベント
  • Facebook
  • LINE@

TOP