サピ○◯◯に通わせているが成績が上がらない…中学受験のための塾が今のままでいいのかわからない… 私立に入ったはいいが授業についていけない…進学が危うい、とにかく成績を上げたい… 塾長からみなさんへ
保護者の皆様へ サピ○◯◯に通わせているが成績が上がらない…中学受験のための塾が今のままでいいのかわからない… 私立に入ったはいいが授業についていけない…進学が危うい、とにかく成績を上げたい…

親子関係

中学受験、ママ友、PTAの関係とは

pta

みらい創研ゼミナールコラム編集部です。

小学生の保護者さまは、「6年間のうち一度はPTA役員を引き受けないと…」というプレッシャーを感じたことがありませんか。お子さまの学校生活を考えると、PTA役員はなかなか難しい問題です。

今回は、中学受験を考えるご家庭の保護者さまが、PTA役員を行なうべきタイミングについてお伝えします。

続きを読む

子ども4人を東大理Ⅲに合格させたプロママ・佐藤亮子氏

東京大学

みらい創研ゼミナールコラム編集部です。

さて、皆さんご存知の通り、国内最難関の大学・学部は、東京大学理科Ⅲ類(東京大学医学部)です。

今回は、その東大理Ⅲに4人のお子さんを合格させたことで、教育熱心な保護者さまから大きな人気を得ている佐藤亮子さんをご紹介しましょう。

続きを読む

高校受験のために“内申点”を上げるには?

1404

みらい創研コラム編集部です。

「内申書」や「内申点」というと、高校の推薦入試を受ける受験生にとって、面接や小論文などとともに非常に重要な意味をもつポイントのひとつとして知られています。

しかし時代に合わせて学習指導要領というものは、つぎつぎと改訂されていきます。

私たち保護者の世代が受験生だったころとは受験制度もガラリと変わり、都立高校の一般入試においても「内申点」はかなり重要視される要素となりました。このことは都内で高校受験されるお子様をお持ちの保護者様なら、もうご存じなのではないでしょうか。

それでは、実際に「内申書」や「内申点」は入試でどの程度のウェイトをしめるのか。また受験への心理的負担をとりのぞき、合格への自信にもつながるよう内申点を高得点に導くには、一体どういった方法があるのか。

今回はその具体的な方法をお伝えしたいと思います。

続きを読む

高校受験に向けて今からやるべきこと 中学1年生・2年生編

sinro

みらい創研ゼミナール編集部です。

小学校では遊び中心の生活を送っていたお子さんも、中学生になると勉強に部活動に、忙しくも充実した学校生活を送ることとなります。

さらに3年生になれば周囲の雰囲気とも相まって「受験」というものを否が応でも意識し始めますが、中学1・2年生の時点では日々のことに夢中になるあまり、将来の進路について真剣に考えているお子さんは少ないように思います。

しかし、1・2年生のうちから高校受験に向けてできることはたくさんあるはず!

そこで今回は、高校受験に向けて「中学1年生・2年生のうちからできることとは何か?」を考察していきます。

続きを読む

小学1年生~3年生の中学受験エリート育成コースはこちら
保護者の皆様へ 小学1年生~3年生の中学受験エリート育成コースはこちら

受験対策や普段の学習に関するお悩みがあるなら、
まずは相談してみてはいかがでしょう?

03-6413-6261(みらい創研究ゼミナール 桜新町校/担当:石川)

03-6413-6261
(みらい創研究ゼミナール
桜新町校/担当:石川)