サピ○◯◯に通わせているが成績が上がらない…中学受験のための塾が今のままでいいのかわからない… 私立に入ったはいいが授業についていけない…進学が危うい、とにかく成績を上げたい… 塾長からみなさんへ
保護者の皆様へ サピ○◯◯に通わせているが成績が上がらない…中学受験のための塾が今のままでいいのかわからない… 私立に入ったはいいが授業についていけない…進学が危うい、とにかく成績を上げたい…

中学受験|女子新御三家の制服まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sakurasaku

みらい創研コラム編集部です。

中学受験において「志望校選び」は、家族一丸となって合格を勝ち取るための、最初の課題です。

はじめに志望校を設定しおくと「この学校に行きたいから受験勉強をがんばる!」といったように、受験のモチベーションを高めてくれます。

志望校選びには、学校の教育理念や、施設の充実度、部活動、さらには卒業生の進路など、さまざまな選び方があります。

そして、中学校の3年間、中高一貫校であれば6年間を毎日共にする制服も志望校選びのポイントの一つです。

今回は人気の受験校である新御三家とよばれる3校の“制服の特徴”について、ご紹介いたします。

豊島岡女子学園中学校・高等学校

toshimagaoka
※公式ホームページより

豊島岡女子学園は元々は1892年に女子裁縫専門学校として開校しました。

今でも朝の授業前には、5分間の運針の時間が設けられています。

出身有名人は漫画家のくらもちふさこさん(代表作は「天然コケッコー」など)がいらっしゃいます。

教育方針は、礼儀作法を重んじ、優しさと思いやりを持った品位ある女性になるよう、指導しているそうです。

制服は、夏服は白ベース、冬は濃紺の落ち着いた印象のセーラー服ですが、そのネクタイ(リボン)には特徴があります。

校章のモチーフにもなっている「鳩」を模したオリジナルの結び方なのだそうです。

最初は結ぶのが大変そうですが、先輩方が優しく教えてくれるそうですよ。

鴎友学園女子中学校・高等学校

ohyu
※公式ホームページより

鴎友学園は、学力の充実とともに社会性を身につけることを教育方針とし、高校では生徒を募集しない、完全に中高一貫の女子校です。

出身有名人は、岡江久美子さん、伍代夏子さん、土岐麻子さんの他、各局の有名アナウンサーも多数輩出しています。

制服は夏服・冬服共に“正装”と“通常時用”が用意されています。

夏服はサマーベストを上にはおり、ブルーと白の2パターンがあります。

冬服はグレーのブレザーの中に、紺のセーターとベストを着る2つのパターンがあります。

ブラウスにつけるリボンは、中学の夏服には明るいピンク色、冬服にはえんじ色、高校の夏服には青色、冬服には紺色を採用。

中学生と高校生がリボンの色で見分けやすくなっています。

組み合わせるとバリエーション豊富になるので、6年間飽きずに着こなせますね!

吉祥女子中学・高等学校

kichijo
※公式ホームページより

1938年に帝国第一高等女学校として設立し、1948年に吉祥女子高校として発足しました。

高校では生徒を募集していませんが、芸術コースのみ若干名募集があるそうです。

出身有名人の生稲晃子さんや釈由美子さんの他、ギャグまんが家の土田よしこさん(代表作は「つる姫じゃ〜っ!」など)がいらっしゃいます。

制服は、上着はブレザータイプで、正装時のブラウスは白。オプションとして水色のブラウスがあり、清潔感のあるデザインになっています。

リボンは、中学生はえんじ色のストライプ、高校生は紺のストライプとなります。

そして正装は、紺無地のスカートか紺無地のズボンのいずれかを選ぶことができます。

スカートはオプションでチェック地のものもあります。

パンツスタイルの制服はとっても珍しいですよね!

自分にあったスタイルで楽しめるので、在校生の評判も非常に良いそうです。

まとめ

新御三家の制服まとめ、いかがでしたか?

それぞれの校風や教育理念が制服にも反映されているように思います。

志望校決定には、受験生であるお子様が「なりたい自分」のイメージを具体的に持つことが重要です。

受験の限られた時間の中で、お子様がなりたい未来を具体的に描けるよう、親御さんはぜひ情報収集に協力してあげてください。

いずれ情報は知識になり、輝ける未来につながることでしょう。

中学受験|御三家・新御三家の総復習!や、中学受験の新御三家(女子校編)もご参照ください。

塾に通う、その前に!

とにかく成績を上げたい!
とにかく合格したい!
そんな思いが日本中の塾で渦巻いています。

しかし、塾に通おうとする前に考えてみてください。
学校でいったいどれだけの時間を使って勉強をしていますか?

みなさんは学校で毎日6時間×週5日間=合計30時間は授業を受けていると思います。
そして英語や数学も週5~6時間は授業を受けているはずです。

毎月120時間…1年間で1000時間!!

それで結果が出ない状況を、週2回~週3回程度の塾の授業で挽回しようとするのはどう考えても無理ではないですか? …続きを読む

小学1年生~3年生の中学受験エリート育成コースはこちら
保護者の皆様へ 小学1年生~3年生の中学受験エリート育成コースはこちら

受験対策や普段の学習に関するお悩みがあるなら、
まずは相談してみてはいかがでしょう?

03-6413-6261(みらい創研究ゼミナール 桜新町校/担当:石川)

03-6413-6261
(みらい創研究ゼミナール
桜新町校/担当:石川)

本コラムは、限定個別指導のみらい創研ゼミナールが運営するコラムです。
みらい創研ゼミナールは、桜新町,深沢,弦巻,新町,用賀,上用賀,駒沢,中町,上野毛など東京都世田谷区内から多くの生徒が通っております。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*